<< インナースペース | main | スター・ウォーズボトルキャップキャンペーン再び >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

テイキング・ライブス

WOWOWから「テイキング・ライブス」。
テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
映画の滑り出しはものすごく良くって、これはかなり期待できるぞ!と思ったが、その後尻すぼみ・・。作り手側の意図的な部分もあるだろうが、犯人も意外性が全くないし、ラストの展開もしかり・・。
途中音響効果を交えたびっくりシーンもあったりして、期待感含めて2時間弱それなりに楽しめたのが救いか・・。
アンジーのプロファイリングFBI捜査官については、なんか今ひとつ知的に見えないところはご愛嬌だが、色々な役柄に果敢に挑戦する彼女には頭が下がる。またイーサン・ホークもこれまでにない役どころをいい感じにこなしている。
全体的に暗いシーンが多く、うちの再生環境ではかなり厳しかったが、プロジェクタのブライトネスを黒浮きしない程度に少し上げてやるといい感じに階調性がでて観やすい映像となった。色数を抑えた落ち着いた感じが映画のトーンにあっている。あまりコントラストを稼ごうとしない感じが好ましい。
音については思いのほか下側の音域が出ていて骨太な感じ。
ということで、評価は★★★☆☆。
しかし、DVDは「ディレクターズカット 特別版」となっているが、どこがどう特別版なのか気になる。観れば印象よくなるだろうか?
製作年: 2004
製作国: アメリカ
監督: D・J・カルーソー
製作: マーク・キャントン
製作総指揮: ブルース・バーマン
原作: マイケル・パイ
脚本: ジョン・ボーケンキャンプ
出演: アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランド、ジーナ・ローランズ
ある日、工事現場で一体の白骨死体が発見される。解決が容易でないと判断したモントリオール警察はFBIに捜査協力を要請。それを受けて女性特別捜査官イリアナ・スコットが単身でやって来る。彼女は現場や死体の状況からあらゆる情報を読み取り、犯人像を割り出し事件を解決してしまうプロファイルの天才。今回も彼女の分析で捜査は進展を見せ始めた。そんな矢先、新たな殺人事件が発生する。しかし今回は目撃者がいた。イリアナたちはその男コスタの情報から犯人がマーティン・アッシャーという男であることを突き止めるのだったが…。

at 00:22, MITCH, 映画2005

comments(0), trackbacks(2), - -

スポンサーサイト

at 00:22, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://goodspeed.jugem.cc/trackback/229
酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑, 2005/11/29 12:20 AM

11月26日「テイキング・ライブス」WOWOW5.1ch Surround ハイビジョンで初見です。オープニングからハイテンション、途中まではかなり緊張感もあってドキドキしながら楽しめたのですが

南風paikaji-log, 2005/12/11 2:26 AM

本日も夜を迎えましたが、風邪は治まることもなく・・・BD-HD100のHDDも未見作品が溜まってます。消すか、ムーブするかですが、消す以外は未見作品が溜まるだけ。無理をしてでもと、観始めました。感想はoo7さんに任...