<< ヴィレッジ | main | コクーン 2 遥かなる地球 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

フライトプラン

久方ぶりの映画館での鑑賞。
イオンワンダー3番シアターにて「フライトプラン」。
FlightPlan
予告編と以下のような紹介文にまんまとだまされました。
航空機のエンジン設計士であり、メカニカル・エンジニアの夫デビッドと娘のジュリアと共に幸せに暮らしていたカイル・シェリン。彼女の人生は、夫の突然の死によって一変する。カイルと娘は夫の棺と共に、JFケネディ空港行きの新型エア・ジェットに搭乗した。眠りにおちたカイルが2時間後、目を覚ますと娘ジュリアの姿がない!彼女は高度1万メートルの上空で忽然と姿を消してしまった。乗客乗務員のフィオナに相談するが真剣に取り合ってくれず、しかもジュリアは乗客名簿に載っておらず、搭乗した記録すらないという。すべてはカイルの狂言なのか?
ストーリの素材はいいし、冒頭から後々の伏線になるであろうと想像できる意味深なシーンが多く、娘が機内から消え、搭乗した形跡までなく、主人公カイルの狂言なのか。はたまた別の真実が隠されているのか、といった謎を観客に投げかけるあたりまでは、その後の展開に期待が膨らむ一方・・・。
ところが、その後途中で謎を一気に見せてからはまったく別の映画に大変身!。
脚本も演出も撮影も監督もまったく別の人に代わってしまったような感じ。
設定に無理があるし、せっかく伏線と思わせたあれこれも結局スルーするし、そもそも脚本は穴だらけだしと、とにかくなんかばらばらボロボロの作品に・・。
ジョディー・フォスターの存在感は際立っている点が妙にい痛々しい。
なんか作り手側のなげやりな感じがありありで、もう少しなんとかならなかったのかと!そしてジョディー・フォスターもうちょっと作品選べよと!
予告編がものすごくよくできているのに、惜しいなぁ。
救いは98分と尺が短いことだけ。
ということで評価は★☆☆☆☆。

at 01:17, MITCH, 映画2006

comments(0), trackbacks(8), - -

スポンサーサイト

at 01:17, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://goodspeed.jugem.cc/trackback/244
□film-navi〔フィルムナビ〕, 2006/01/31 8:18 AM

映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのフライトプラン情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。

メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記, 2006/02/01 9:50 PM

  ↑拙作です↑1. フライトプラン観た ジョディ・フォスター出演作フライトプランを観た。 子持ちのジョディ・フォスターが旅客機の中で暴れ回る映画。 こういう飛行機に乗ったら地獄だろうな……。 ジョディ・フォスター出演作を映画館で見たのは本作が始めて。

非常に適当な本と映画のページ, 2006/02/01 9:50 PM

 ジョディ・フォスターが出演する航空サスペンス。007で悪役を演じ、ロード・オブ・ザ・リングにも出演したショーン・ビーンも機長として登場。粗筋 ドイツで航空機のエンジニアとして働いていたカイル(ジョディ・フォスター)は、夫を亡くした。自殺だった。それを

ANQ Ritzberry Fields, 2006/02/04 10:05 AM

 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」

ナイス旦那日記, 2006/02/04 3:59 PM

奥さんが映画館で予告編を観て、面白そう!絶対観たい!とずっと言ってたフライトプラン。行って来ましたよ〜。 まずは主演のジョディ・フォスター。やつれた感じがすごい。役づくりかなぁ? そして狂気にも満ちたジョディ母さんの行動。まぁ子供を見失った母の気持

映画と秋葉原とネット小遣いと日記, 2006/02/04 4:15 PM

『フライトプラン』  公式HPはこちら   公式HP(Flash版)はこちら ●あらすじ 事故死した夫の棺を引き取り、ベルリン発の最新鋭ジャンボ機に乗った女性カイル(ジョディ・フォスター)。 一緒に搭乗した筈の娘ジュリアが機内で失踪した。手掛かりも

噂の情報屋, 2006/05/18 12:46 AM

最新鋭ジャンボ旅客機という密室を舞台にしたアクション・サスペンス。 主演は、実生活でも2児の母であるジョディ・フォスターが、 最愛の娘のために命を懸ける母親役を鬼気迫る演技は必見。 あまりに臨場感のあるリアルな設定に、客室乗務員協会(AFA)が 映画のボイコ

-, 2007/05/12 2:58 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。