<< 九州出張行ってきた・・ | main | グリーン・ゾーン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ザ・ウォーカー

「ザ・ウォーカー」をWOWOWから。

色合いを落とした映像がかなりシャープでかっこいいし、何より主役のデンゼル・ワシントンがうまい。
正直、ラストまで本作の衝撃の真実が見抜けなかったので・・
事実を知って再度見返したら、あちこちに伏線があることに気づいた次第。
ただ、ストーリは個人的にはしっくりこず、いまひとつの印象。
宗教観など日本人には理解できない部分が多く、そういう感覚的な部分が共感できるともっと楽しめるのだろうかと思った。
評価は★★☆☆☆。

大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。誰が名づけたか“ウォーカー”と呼ばれるその男は、30年間、世界でたった1冊だけ残る“本”を運び、<西>へと旅を続けている。本を守るため、行く手を阻む敵は容赦なく殺す。彼の目的地はどこなのか?その本には何が記されているのか? 一方、大勢の盗賊たちを率い、王国に君臨する独裁者カーネギーは、世界を支配するためにどうしても必要なその本を手に入れるため、旅を続ける“ウォーカー”の前に立ちはだかる。砂塵渦巻く荒野を舞台に、世界を揺るがす一冊の本をめぐる壮絶な死闘が開始された―!旅の先にあるのは、荒れ果てた世界の“希望”か“絶望”か!?2人の男の戦いの果てに、驚愕の結末が待ち受ける!!
(Amazonから)

at 20:42, MITCH, 映画2011

comments(0), trackbacks(1), - -

スポンサーサイト

at 20:42, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://goodspeed.jugem.cc/trackback/276
-, 2011/06/24 10:27 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。